2011/02/28

Thicker Than Water Trailer




両親からノースに出掛けた話しを聞いているうちにハワイに出掛けたくなった。

2月といえば、年間タイトル掛け、世界中からトッププロが集りノースが一番熱くなる季節。

















ノースにはワイキキのブランドショップやホテル街の喧噪から離れた穏やかな空気が流れていて、トタン屋根のお店がちらほら、小さな入江が点在し、木陰の下では野良犬が暑さをしのいでいる。けっして愛想は良くないが、恰幅のよいおばさんが足を広げて軒先のベンチにもたれかかっているのが愛嬌たっぷりだ。

日本では高価なドナルドタカヤマやディック・ブリューワーの板が少しは安いのかとサーフショップを見て回ったり、コーヒーショップでお気に入りの香りを探したり、サーフアートや斬新なボードペイントを見て回り、波待ちのサーファー達が奏でる音楽を聞きながらハンバーガーとフレンチフライとビールを頂く。ビルもコンクリートの建物もほとんどなくて、地元の生活の中で気取らず海パン一つででふらふらできるのがいい感じ。
















ノースショアマーケットプレイスにあるレイジングアイルの店員はみな気さくで、試しにボードに乗ってみたいと告げると、心良く売り物の商品にリーシュとワックスを貸してくれた。日本では未発売のモデルだったのでどんな乗り心地なのか意気揚々と海に出たが、日本とは比較にならない強い潮にいっきに流され、一時は遠のく浜辺にどうしようかと相当に焦り、その後死ぬ想いで岸に戻った。無我夢中でパドリングしたせいで、両腕は筋肉痛でパンパン。そのうえ精神的ダメージと合わさって、その日は勿論、つぎの日もサーフィンはお預けになった。

帰りに通りがかったサンセットビーチがレディースの大会中。ダブルはあろう波を上下に見事にメイクしているのを見て興奮していると、出番を終えボードを片手に上がってきた選手は中学生ほどの線の細い華奢な少女でビックリした。遠くでは小さくて分からなかったが、あの大波にこの体で乗っていたのかと驚いた。こういう瞬間に体幹の強さのなせる技を痛感する。

















僕はガチンコサーファーでないし、都会で育っていると何もないビーチは楽しみきれず、適度に地元の文化を感じられるエスプリが香り、ほんの少し快適なビーチタウンがとてもいい。僕は勝手にトータルサーフィンと呼んでいる。サーフィンを十分に楽しめる環境であることは勿論、シャワーがあったりしてり片付けが楽で、さっぱりした後は街歩きやお茶やランチ、ショッピングが楽しめるのがとてもいい。

2011/02/25

イタリアの路地裏


ヴェネツィアの路地は入り組んでいて


時々パッと開ける。たいてい教会がある。


路地の上にはイルミネーション


あちこちに色とりどりの紙吹雪

2月は西欧諸国、カトリック圏では「謝肉祭」らしいです。

謝肉祭と言えばベルリオーズの作品が好きです。


2011/02/23

イタリアの街角


街角でお花売りのおじいさん。
ガーベラを頼むと奇麗な赤いラッピングにくるんでくれた 




ヴェネツィアで船上の青果屋さんも


日本だけかと思ったら、イタリアの子どももベーゴマで遊ぶ




両手に鳩をのせながら携帯電話で話す人




カフェに入る度に違うカップとシュガー、男のコレクション欲をそそられる


2011/02/09

寒い冬は室内公園に!?

東京って意外と公園が多いですよね。僕の住む世田谷区も緑地や畑(小松菜など)が点々としています。これから暖かくなってくると公園でのんびりするのも気持がいいですね。

とはいってもまだまだ寒い!そんな方には室内公園がオススメかもしれません。

写真はNYのアートギャラリーが室内に公園を展示するという変わった試み。朝にはヨガやピラティスのレッスン、昼間は子供たちが遊び、午後には恋人同士でのんびりしたり、読書したりとパブリックスペースとしてオープンしているのではないでしょうか。
僕も丸の内の丸カフェをよく利用しますが、パブリックスペースが街に増えてくれると街ブラのブレイクにもなり快適ですね。公共スペースの整備は子供たちが遊べる空間としてもとても大切だと思います。



2011/02/08

近代の歴史は地球の歴史のほんの2秒間























地球が誕生してからの現在までの歴史をカレンダーに見立てると、1月1日に地球が誕生してから、水や気体が生まれ、生物体が生まれ、12月に入って慌ただしくなり、大晦日の31日の午後14時30分に人類の祖先がアフリカ大陸に出現、その後の10時間が人類の歴史で産業革命後の近代文明の歴史は2秒間だそうです。NHKの特別番組でも地理学者の地球の歴史を24時間でとらえると人類の歴史が数秒になるという考え方を紹介していました。



いずれにせよ生命はさまざまな危機を乗り越えながら命をつないできたのでしょう。
占いや、予言を真に受けることはないのですが、人の遺伝子の中に祖先の膨大なデータが蓄積されていてそのデータを呼び起こせたり、感じれたりする能力があったとしたら未来を予言したりできるのかもしれない。


地球の歴史を24時間でとらえる考え方がありましたが、実はその24時間の前にも地球は存在していて現在の私たちは数日間目の23時59分58秒を刻んでいるのかもしれない。もしくは宇宙が創造された瞬間、地球と似たような惑星がいくつか生まれ、地球より先に地球と同じような歴史を辿った惑星があったのかもしれない。これから訪れる未来の事象や現象は一度は経験し遺伝子の奥深くにデータが刻まれているのかもしれない。そして、なんらかのタイミングでこれらのデータにアクセスした人は何か見えるのかもしれない。


このデータにアクセスするため、森羅万象の真理を極めるため、人は体や心に飽くなき探求心を宿すのかもしれない。









2011/02/07

マイセン陶器と有田焼の300年















西洋白磁の最高峰、ドイツ・マイセン地方で生産されるマイセン磁器。今年はそのマイセン発祥300だそうです。300年前のヨーロッパでは東洋の白い陶器が憧れの芸術品。西洋諸国の王侯貴族はこぞって蒐集したといいます。当時の西洋では
白磁を創り出す技術がなかったため、中国や日本からの輸入に莫大な資金を費やしていたのでしょう。




時の江戸幕府にはこのほかに金や銀や繊維など、高価値の資源も多く、貿易によってかなり儲けていたのではないでしょうか。鎖国にかんしても、日本の高い技術を門外不出にしていたとも考えられます。金や銀に関しては「山をはる」なんて言葉がありますが、自然崇拝の日本人には感覚的に掘り当てる能力も優れていたように思います。


シノズワリなマイセンの作品、
モチーフにも東洋の影響が強く感じられます。

マイセンはそのような時代に磁器を自力でつくりだすことで、西洋社会の中で優位に立とうと考え、日本の有田焼の模倣をはじめます。3年かかって高温で焼くと固まる原料をつきとめ、2年かかって磁器の製造に成功し本格的な製造がスタートします。続いて
有田焼に見られる色とりどりの染付の復元に着手します。数年ののち16色の顔料の製造に成功。以後現在まで時代の空気を上手に取り入れながらデザイン性に偏らない質実の高い陶器を作り続けています。




マイセンの模倣した有田焼は“柿右衛門様式」。
乳白色の地肌に赤色系の上絵を焼き付けが柿右衛門様式の代表的なスタイルですが、西洋の美意識と情熱がこのスタイルを美しく昇華させています。

10年前からマイセンと酒田柿右衛門さんとの交流がはじまり、コラボレーション作品も生まれているそうです。300年のときを経てお互いの持てる技と知恵と情熱を持って芸術作品を創り出す。もの凄いことですね。

マイセンの産みの親「ザクセン公国アウグスト強健王
「鉄の板を素手で曲げた」「子供が300人いた」など伝説的な王様です。




2011/02/03

Fleet Foxes_HelplessnessBlues


2nd album

1st album


Fleet Foxesがニューシングル"HelplessnessBlues"

冷たく湿った大地にゆっくりしみ込んでいくような暖かいハーモニー。

1st アルバムのジャケットに使用した16世紀の巨匠ブリューゲルの「ネーデルランドのことわざ」。ブリューゲルの、あたたかく慎ましやかな農民の日常と自然の厳しさが同居した独特の世界観が現在のアーティストのメロディがシンクロします。当たり前のように口にする食事、寒さをしのぐ衣類、雨風をしのぐ住居。

感謝

アルバムの発売に先行してシングルがダウンロードフリーになっています。

2011/02/02

ストリートビューで世界の有名美術館をお散歩。




Googleが"StreetView"の技術を使って世界の17の美術館を訪問できるサービス「Art Project」を発表しました。

アフタータイムに家族や仲間とお茶しながら美術談義するのも良さそうです。現時点ではストリートビューの操作性に煩わしさも感じますが、今後はその他のサービスと合わせてぐんと便利になりそうですね。気になる美術館があったら是非チェックしてみてください。すてきな午後を!

aranciaでもモニターを前にギャラリートークなんかいいかと思ってます!


「FIAT500」デザインの先に見えるもの



FIAT500ですかね?ネットサーフィン中に発見!

しかも"arancia"の看板!ラブリーです。


「ルパン三世 カリオストロの城」に登場するバニライエローの車体が有名ですよね。車には詳しくないんですが、何とも言えないエスプリに魅力的に感じずにはいられません。


革の鞍に荷物をまとめ、読めずにたまった本と、お酒と、、、積んで旅する。やっぱりスタートはFIATの故郷のイタリアトスカーナかな。トスカーナと言えばワインの産地ですね。


街を離れ、ワイナリーに数泊してお気に入りのワインを品定め。生ハムとチーズも買い込んで後は着の身着のまま車を走らせる。寒いところは苦手なので、日差しがまぶしい地中海を目指すとしよう。機能や性能はいまいちでも、有り余るオリジナル性、デザイン性、遊び心。すてきな車です。サーフボードは積めないかな??