2010/05/22

和ガラス



ミッドタウン内のサントリー美術館で開催中の

和ガラス 粋なうつわ、選びのかたち


に行ってきた。


東京は久しぶりの夏日で

涼しげなガラス作品とエアコンでひんやりした空間で

リラックスと高揚感の良いバランス

こんなとき異様に創作意欲がかき立てられる

人や気候や食や建築

常に良い空間・環境に身をおくことは

どんどん自分を上に引き上げてくれる

自分の持つ力以上のものを与えてくれる

自分が良いと感じたものに調和してみよう

そんな感覚になる


これからの季節こんな徳利でお酒を頂きたい。
柔らかで伸びやかな美しい曲線の徳利が数多く展示されている。
日本の硝子(びーどろ)はベネチアンの影響を強く受ける。
長崎にポルトガルの一行が持ち込んだのが始まりで、以後おとなり中国からの技術なども取り入れながら庶民の生活の中にも溶け込む。

0 件のコメント: