2010/03/20

長谷川等伯 没後400年 特別展

久しぶりに上野の長谷川等伯展へ

平日なのに60分待ち

よい作品を目にすると自分も絵が描きたくなりますね。

混んでいたので足早に鑑賞を終え

平成館の裏手のお庭へ

桜の季節は開放されているそうです。

お庭も立派で桜の種類も多くて

おすすめスポットになりそうです!


桜は来週後半には見頃を向えそうです!


|国宝 松林図屏風
筆数も少ない独特の絵肌。たぶん同時代の売れっ子絵師がオーケストラのように華やかなのに対し、等伯の作品はソロやアンサンブルのよう。モチーフ単体がもつ豊かなディテールや湿っとりとした空気感が感情に直接訴えかけてくる。印象派の作品のよう。

|国宝 楓図壁貼付 
楓の朱色が美しい。金箔・緑・朱、すてきなハーモニー。

|重要文化財 千利休像 
かなり表情がリアル、近しい仲だったような感じを受ける。

0 件のコメント: