2009/09/17

丸明オールド

外はいい天気だけど終日作業。


とあるポスターの制作依頼があり

ほぼレイアウトが決まりフォントの見本帳とにらめっこ

今回はどのフォントで行くか随分悩んだ。



漢字、かな、カナ、アルファベットの和洋のフォントは

日々進化、新しいものが次々発表される

ベーシックなものはもちろんいいんだけど

デザインナーはワードやパワーポイント、イラストレーターなどに

はじめから入っているフォントを使う事はほとんどない。

イメージやコンセプトにあったものをセレクトする

昔はフォント屋さんみたいなのがあって字体ごとにフロッピーで売っていたけど

今はメーカーのサイトからダウンロードで購入出来るようになった


和文フォントは一字体だいたい3万〜6万円

同じフォントでも文字の肉厚や横組用、縦組用でまた数種類あり

メーカーによってサンプルをダウンロード(限られた字数)

実際に組んでみることが出来るが、ない方が多いので

検討の価値があると判断されればバージョン違いで購入する


名刺やDMやチラシやポスター、文字組はかなり時間を要する

文字の大きさ、レイアウト、字間、漢字と数字と英字のバランス、行間

何度も調整してはプリントアウトして検討してみる

名刺など実用度が高くシンプルなものほど熱が入る


グラフィックデザインで字体のセレクトや文字組は絶対不可欠だけど

MACを使いはじめた頃、色や形にばかり目が行き

それっぽいモノは出来るんだけど

それ止まり、で悩んだ

感覚だけで作業していて先が不安になった

で、文字の重要性に気付いた


とくに仮名文字は美しいと思う

優雅な曲線はふっくらとしていて表情が豊か

この愛らしい文字を丁寧に組んでいく作業は楽しい


話しが長くなりましたが

本日は「丸明オールド」という書体を購入

最近、目にすることが多く

自分なりにイメージを膨らませていたので

しっくり来た

明日から文字組が楽しみだ

出来上がりがお客様に喜んでもらえると嬉しい


↓「文字本」より 著者/片岡朗


0 件のコメント: