2009/05/31

こどもスイッチ

こんにちは、将来は幼稚園を開きたい梅浦です。


今日はテレビで鹿児島の幼稚園の特集を見ました。

横峰校長先生の独創的な教育観に圧倒されました!


曰く、こどもはみんな天才で

やる気にさせる4つのスイッチがある。

こどものやる気のスイッチを押すことが大事!だそうです。


1、子供は競争したがる

競争させることで、向上心を刺激する。
負けることで、悔しさからもっと自分から頑張ろうとする。

2、子供は真似したがる

簡単な音符から真似させる。
徐々に曲を真似できるようになり、絶対音感が見に付くらしい。

3、子供はちょっとだけ難しい事をやりたがる

子供は難しいことは嫌がる。簡単なことだだと飽きてくる。
文字を覚えさせるのも、簡単な字から。(「あ」から教えると難しくて飽きてしまう。
直線的なカタカナから教える。

4、子供は認められたがる

子供に”達成感”を与えてあげることで、「次もまた頑張ろう」という気持ちになる。


どれも一見当たり前のことのように思えますが

想いを持ってこどもと真剣勝負出来ることが素晴らしいです。

大人が持った物差は時には役に立たないのかもしれません。

共にに学び、工夫し、楽しむ。

こどもに負けてられるかと

喝が入った梅浦でした。



余談ですが、横峰先生は

プロゴルファーの横峰さくらさんの伯父だそうです。

う〜ん、彼女ももしかしたらこの熱い教育を

受けて育ったのかもしれません。

0 件のコメント: