2009/03/31

「木」のはなし

こんばんは!


ノムリエの梅浦です。


今日はイベントで使う生ハムの台を作るべく

地元の材木屋さんにお邪魔しました。



結局丁度いい木材が見つからなかったのですが

店主のおじさんの「木」のお話が印象的でした。



木は語りはしないが

多くの緑が生える林や森の中では

動物と同じように生存競争していて

近くの緑より日を多く浴びる為に空高く伸び

枝を横へ大きく広げるていくそうです。

そうして長い月日を経て立派な大木になるのだと。。


立てかけられた無垢の大きな板が

ものすごく高貴なものに思えました。

0 件のコメント: